So-net無料ブログ作成
外為

  顎関節症関連お役立ち情報!
     1000人以上の方が顎関節症を改善させた方法を初公開

              >>顎関節症を自宅で改善

-| 2011年04月 |2011年05月 ブログトップ

自分でできる顎関節症改善法 [自分でできる顎関節症改善法]


口の開閉時に痛みが走る、
口の開閉時に音が鳴り聞きづらい・・・と、

顎関節症の症状でお悩みの方に、
顎関節症を自宅で改善する情報を紹介します。


■開閉の際、開きにくかったり閉じにくいなどの症状がある
■開閉の際、音がなる(ポキ、ゴキなど)
■開閉の際、耳周辺に痛みが走る


上の症状のいずれかに当てはまった場合は、
顎関節症である可能が高いです。

病院に通い相談した場合、まず指導されるのは運動治療

改善が見られなかった場合は、
スプリント治療(マウスピースのようなもの)を行い、
痛みや炎症が激しい場合は、薬物治療などが施されます。

更に、改善がみられなかった場合は手術となるのですが、
手術に至る患者数は、全体の1%にも満たないそうです。

病院に相談に行かれた方であれば、ご存知かと思いますが、
まずは気長な運動治療・・・

早い方であれば1ヶ月程度で症状が軽減する事もありますが、
ほとんどの場合は、1年以上通院を続けてようやく改善します。

完治となると更に難しく、治療を断念する方も多いのです。

また、手術に関しましては、専門医を置いている治療院も少なく、
滑膜炎などのリスクも伴う場合があります。

顎関節症はここ10年から15年の間でようやく知られるようになった病気で、
専門的な治療を行うためには、大学病院などで受診する必要があったり、
個人医院に相談に行っても、結局他の機関に回されてしまう事も少なくありません。


自分でできる顎関節症改善法~経絡ヨガ~


本来、顎関節症は、正しい知識さえ持っていれば、
運動療法や、スプリント治療でも治らなかった方でも改善出来ます。

自宅にいながら手軽に行えるのに、
手術やマウスピースよりも早く効果が現れ、
正しく行えば、たった1回で改善出来るのです。









nice!(0) 
共通テーマ:健康

顎関節症と歯との関係性 [顎関節症の原因]


一昔前は、噛み合わせや歯並びが悪いと、
顎関節症を引き起こすと言われていたそうです。

しかし、そういった歯並びや噛み合わせの悪さと
顎関節症の関係性ははっきりしていないようです。

噛み合わせの良い人、歯並びの良い人でも
顎関節症を患う人もいます。

噛み合わせや歯並びが悪くて、顎関節症になる場合、
顎の一部に負担を掛けすぎていたのかもしれませんね。

例えば、虫歯になると、その歯を庇いますから、
食事の時は必然的に虫歯になっていない反対側の歯で
噛むことが多くなります。

そういうことが続いて、日常的な癖になるにつれて、
片側に負担を掛けすぎた結果、
顎関節症を引き起こすということも考えられます。

歯科治療、特に、抜歯後の放置で
噛み合わせのアンバランスができてしまい、
片側に負担を掛ける結果になった場合も
顎関節症の原因としてあげられるでしょう。

それに、歯ぎしりや食いしばりは、
過度に強い負担を歯に掛けることにより、

口や顎の周りの筋肉が疲労することで、
顎関節症を引き起こすと言われています。

実際には、歯が直接的に顎関節症を引き起こすというより、
虫歯や噛み合わせ、歯ぎしりなどにより、

顎や顎の筋肉に過度に負担を掛けることが習慣づいて、
顎関節症を引き起こすと言えそうです。



経絡ヨガで1000人以上の方が顎関節症を改善させた方法

   >>自分でできる顎関節症改善法~経絡ヨガ~




     拒食症・過食症 改善プログラム
     過食症、拒食症を改善する「古賀式拒食症・過食症改善・・・

     逆流性食道炎 症状と治療
     胃酸,吐き気をスッキリ改善!薬を毎日のままくても、胃カメラに頼らなくても、・・・

     乾癬を自宅で改善する方法
     現状では乾癬は「治りません」。それはあなたが患者なら医師から・・・




nice!(0) 
共通テーマ:健康

顎関節症の原因 [顎関節症の原因]


一昔前は歯の噛み合わせの悪さによるものといわれていました。

でも、最近では、噛み合わせだけでなく、
他にも色々な要因が重なって起こってくるといわれています。

物を食べる時に片側でばかり噛んでいたり、
歯ぎしりをしたり、うつぶせで寝たり、姿勢が悪かったり
寝る姿勢や普段の癖など・・・


そういった生活習慣の癖によることも原因となるとわかってきました。

片方の顎にだけ負担を掛けるといった癖から、
顎関節症になりやすいといえるようです。


それに、ストレスでも顎関節症になるといわれており、
これはストレスで筋肉が緊張することが原因のようです。

これらの原因に思い当たる節のある人は、
できるだけ顎関節症を改善するように、普段の癖を直していきましょう。

大抵の場合、癖というのは無意識のうちに行っているものなので、
すぐに直すのは難しいはずです。
でも、少しずつでも顎への負担を軽減していく必要があります。

また、生活習慣的なものではなくとも、
殴られる・ぶつけるといった外部からの強い力が原因で
顎関節症になることもあり、
リウマチや多発性の関節炎といった病気から
顎関節を発症する場合もあるのです。

顎関節症になるには、本当に様々な原因が考えられますが、
本人の生活習慣の改善で防げることも少なくはないでしょう。



経絡ヨガで1000人以上の方が顎関節症を改善させた方法

   >>自分でできる顎関節症改善法~経絡ヨガ~



nice!(0) 

顎関節症の症状 [顎関節症 症状]


顎関節症の症状で、
一番多いのが、あごの痛みです。


噛んだり、口を開閉したりする時にあごが痛みます。

次に、口を開閉する時に、「カクン」「シャリシャリ」「ミシミシ」
といった音がする場合もあります。
音はするけれど、痛みがない場合も多く、
顎関節症であることに気付いていない人もいます。

もし、口を大きく開くことができないという症状があったら、
顎関節症を疑った方がいいでしょう。

顎関節症は、徐々に口が開かなくなる場合もあれば、
いきなり開かなくなったというケースもあります
逆に、口を閉じることができない場合もあるのです。

歯のずれや、噛み合わせに違和感を感じる場合もある他、
あごの歪みや顔の歪みがみられるようになる場合もあります。

部分によって症状が違うというよりも、
人によって症状が違います。

また、顎関節症が引き金になって、
様々な全身症状を引き起こす場合も少なくありません。

その代表的な症状は、肩凝り です。
肩凝りには、あごや首の筋肉も深く関係していると言われています。

さらに、頭痛や自律神経の乱れ、不眠などに繋がったりもしますし、
耳の痛みや耳鳴り、めまい、目の疲れ、歯の痛みを感じることもあります。

あごではなく、あごの周辺に痛みを感じる場合もあるでしょう。
食べ物を飲み込みにくかったり、話しにくかったりするのも、
顎関節症の症状としてよく起こりがちです。

顎関節症の症状は、
単にあごやその周辺だけに限定されるのではなく、多岐に渡ってます。



>>顎関節症を自宅で改善



nice!(0) 
共通テーマ:健康

顎関節症の種類 [あごの痛み]

顎関節症というのは、人によって程度の差はあるものの、
意外に身近な病状だったりするものです。




顎関節症の種類としては、
日本顎関節学会がⅠ型からⅤ型までに分類しています。

主に、どこの部分でどのような障害が起こっているかということで
分類しているようです。その分類は以下の通りです。

Ⅰ型・・・咀嚼筋に痛みを生じるもの。
Ⅱ型・・・関節包や靱帯の障害によって生じるもの。
Ⅲ型・・・関節円板の障害によって生じるもの。
Ⅳ型・・・骨に障害が生じるもの。
Ⅴ型・・・Ⅰ~Ⅳにはあてはまらないけれど、顎関節部分に異常を生じるもの。
      心因性の場合も含まれる。


この中で 一番多いのは、Ⅲ型 です。


Ⅲ型の場合には、口を開け閉めする時に、
「カクン」といった音が鳴ることが多いです。
この音は、関節円板が本来の位置からずれているために鳴るようで、
悪化すると口が開けにくくなったりします。

Ⅰ、Ⅱ型に関してはあごの痛みが生じる場合がほとんどですが、
Ⅲ、Ⅳ型に関しては、あごの痛みが生じない場合も多いようです。

しかし、必ずしも顎関節症の全てがこの種類にあてはまるというわけではなく、
いくつかの種類が合わさっている場合もあります。

顎関節症かなと思ったら、まずは一度、
口を大きく開けて、閉じてみるといいですね。

それで、もし、カクンというような音がするのであれば、
顎関節症の可能性が高いということになるでしょう。



>>顎関節症を自宅で改善





nice!(0) 

-|2011年04月 |2011年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。