So-net無料ブログ作成
検索選択
外為

  顎関節症関連お役立ち情報!
     1000人以上の方が顎関節症を改善させた方法を初公開

              >>顎関節症を自宅で改善

あごの痛み ブログトップ

顎関節症の種類 [あごの痛み]

関節症というのは、人によって程度の差はあるものの、
意外に身近な病状だったりするものです。




顎関節症の種類としては、
日本顎関節学会がⅠ型からⅤ型までに分類しています。

主に、どこの部分でどのような障害が起こっているかということで
分類しているようです。その分類は以下の通りです。

Ⅰ型・・・咀嚼筋に痛みを生じるもの。
Ⅱ型・・・関節包や靱帯の障害によって生じるもの。
Ⅲ型・・・関節円板の障害によって生じるもの。
Ⅳ型・・・骨に障害が生じるもの。
Ⅴ型・・・Ⅰ~Ⅳにはあてはまらないけれど、顎関節部分に異常を生じるもの。
      心因性の場合も含まれる。


この中で 一番多いのは、Ⅲ型 です。


Ⅲ型の場合には、口を開け閉めする時に、
「カクン」といった音が鳴ることが多いです。
この音は、関節円板が本来の位置からずれているために鳴るようで、
悪化すると口が開けにくくなったりします。

Ⅰ、Ⅱ型に関してはあごの痛みが生じる場合がほとんどですが、
Ⅲ、Ⅳ型に関しては、あごの痛みが生じない場合も多いようです。

しかし、必ずしも顎関節症の全てがこの種類にあてはまるというわけではなく、
いくつかの種類が合わさっている場合もあります。

顎関節症かなと思ったら、まずは一度、
口を大きく開けて、閉じてみるといいですね。

それで、もし、カクンというような音がするのであれば、
顎関節症の可能性が高いということになるでしょう。



>>顎関節症を自宅で改善





nice!(0) 
あごの痛み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。