So-net無料ブログ作成
検索選択
外為

  顎関節症関連お役立ち情報!
     1000人以上の方が顎関節症を改善させた方法を初公開

              >>顎関節症を自宅で改善

顎関節症の原因 ブログトップ

顎関節症と歯との関係性 [顎関節症の原因]


一昔前は、噛み合わせや歯並びが悪いと、
関節症を引き起こすと言われていたそうです。

しかし、そういった歯並びや噛み合わせの悪さと
顎関節症の関係性ははっきりしていないようです。

噛み合わせの良い人、歯並びの良い人でも
顎関節症を患う人もいます。

噛み合わせや歯並びが悪くて、顎関節症になる場合、
顎の一部に負担を掛けすぎていたのかもしれませんね。

例えば、虫歯になると、その歯を庇いますから、
食事の時は必然的に虫歯になっていない反対側の歯で
噛むことが多くなります。

そういうことが続いて、日常的な癖になるにつれて、
片側に負担を掛けすぎた結果、
顎関節症を引き起こすということも考えられます。

歯科治療、特に、抜歯後の放置で
噛み合わせのアンバランスができてしまい、
片側に負担を掛ける結果になった場合も
顎関節症の原因としてあげられるでしょう。

それに、歯ぎしりや食いしばりは、
過度に強い負担を歯に掛けることにより、

口や顎の周りの筋肉疲労することで、
顎関節症を引き起こすと言われています。

実際には、歯が直接的に顎関節症を引き起こすというより、
虫歯や噛み合わせ、歯ぎしりなどにより、

顎や顎の筋肉に過度に負担を掛けることが習慣づいて、
顎関節症を引き起こすと言えそうです。



経絡ヨガで1000人以上の方が顎関節症を改善させた方法

   >>自分でできる顎関節症改善法~経絡ヨガ~




     拒食症・過食症 改善プログラム
     過食症、拒食症を改善する「古賀式拒食症・過食症改善・・・

     逆流性食道炎 症状と治療
     胃酸,吐き気をスッキリ改善!薬を毎日のままくても、胃カメラに頼らなくても、・・・

     乾癬を自宅で改善する方法
     現状では乾癬は「治りません」。それはあなたが患者なら医師から・・・




nice!(0) 
共通テーマ:健康

顎関節症の原因 [顎関節症の原因]


一昔前は歯の噛み合わせの悪さによるものといわれていました。

でも、最近では、噛み合わせだけでなく、
他にも色々な要因が重なって起こってくるといわれています。

物を食べる時に片側でばかり噛んでいたり、
歯ぎしりをしたり、うつぶせで寝たり、姿勢が悪かったり
寝る姿勢や普段の癖など・・・


そういった生活習慣の癖によることも原因となるとわかってきました。

片方の顎にだけ負担を掛けるといった癖から、
関節症になりやすいといえるようです。


それに、ストレスでも顎関節症になるといわれており、
これはストレスで筋肉が緊張することが原因のようです。

これらの原因に思い当たる節のある人は、
できるだけ顎関節症を改善するように、普段の癖を直していきましょう。

大抵の場合、癖というのは無意識のうちに行っているものなので、
すぐに直すのは難しいはずです。
でも、少しずつでも顎への負担を軽減していく必要があります。

また、生活習慣的なものではなくとも、
殴られる・ぶつけるといった外部からの強い力が原因で
顎関節症になることもあり、
リウマチや多発性の関節炎といった病気から
顎関節を発症する場合もあるのです。

顎関節症になるには、本当に様々な原因が考えられますが、
本人の生活習慣の改善で防げることも少なくはないでしょう。



経絡ヨガで1000人以上の方が顎関節症を改善させた方法

   >>自分でできる顎関節症改善法~経絡ヨガ~



nice!(0) 
顎関節症の原因 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。